ボリートミスト!

30/01/2010

今日から夜のメニューに仲間入りしました「ボリートミスト ピエモンテ風」です。

イタリア製のお鍋の中には、茨城県産仔牛の肩バラ肉、自家製ソーセージ、牛タン、お野菜が入っております。

見た目はおでんみたいですね。お味は仔牛のダシがよく効いてます。

ピエモンテ風は色々なソースをつけて頂くようです。今回は2種類、サルサベルデとバニェット・ロス(パプリカとトマトのソース)です。そして付け合わせに滋賀県日野産のお米と小麦のバターライスを添えました。

あつあつのお肉にソースをたっぷりと、そしてバターライスのぷちぷち感がなんだかいい感じです。

そしてもう一品。同じ滋賀県日野産の小麦を使った手打ちパスタ「ピッツォケリ ちりめんキャベツのクリームソース」のご紹介です。

もちもちした手打ち麺と合わせたのは、こちら!

座布団みたいな迫力です「ソーラソーラ」というピエモンテ州のチーズです。表面が靴底Suolaに似ているということから名前がついたようです。

中はソフトで最後に少し酸味があってとっても美味しいです。

うちは小さいお店なのにこんなに大きなチーズを仕入れたシェフ。。。最初は理解に苦しみましたが、、美味しいので納得してしまったのです。ただこれからは半分とか1/4とかでお願いします!!